今は様々な求人サイトがあり、年代別や職種別などターゲットを絞った求人を紹介しているサイトも多いようです。求人サイトにはメリットとデメリットもあるので、慎重に選ぶことが大事です。当サイトは求人サイトの現状をお伝えします。

求人を探している人たちのイラスト

2017年05月の記事一覧

パソコン関連のベンチャー企業の求人は応募しやすい

パソコン関連のベンチャー企業は常時求人を募集しているところが多いので、応募しやすいです。特に成長している企業は業務を拡大するために、多くの人材を募集しています。ベンチャー企業の場合、ホームページを持っていることが多く、そこからエントリーできます。経験が求められる企業もありますが、未経験でも積極的に採用する企業が多いです。ただし、このような企業の場合は若い人が働いていることが多いので、年齢を重ねた方よりも20代、30代の方が適しています。40代の方でも応募できることはありますが、採用はやや難しいと思っていた方が良いでしょう。40代の方が採用される場合は、部下を率いて働くことが求められます。パソコンのハードの仕事をされてきた方は、たとえ採用されても仕事をするのが難しいかもしれません。40代の方がこのタイプの仕事に応募される時は、ITのスキルだけではなく、コミュニケーションのスキルが高いことをアピールしましょう。
ベンチャーの企業の場合は、英語力が問われることが多いです。パソコンのソフトやハードは英語圏で作られることもあって、マニュアル等は英語で書かれています。それを読み取る能力が必要ですし、欧米の会社とやり取りをする英語力も求められます。流暢なコミュニケーションができる英語力は求められない場合もありますが、たとえ限定的であっても英語でやり取りをできる能力があった方が採用のときには有利になります。TOEICを受験して、できるだけ良い点数を取るようにしましょう。
ベンチャー企業の場合、勤務の条件をチェックすることを忘れてはいけません。IT関連の仕事の場合は、どうしても残業があります。多少の残業はやむをえませんが、それが多すぎると負担が大きくなるので注意しましょう。

続きを読む