今は様々な求人サイトがあり、年代別や職種別などターゲットを絞った求人を紹介しているサイトも多いようです。求人サイトにはメリットとデメリットもあるので、慎重に選ぶことが大事です。当サイトは求人サイトの現状をお伝えします。

求人を探している人たちのイラスト

2017年04月の記事一覧

技術職求人の履歴書は直近の仕事を詳細に書く

技術職求人の履歴書を書くときには、注意すべき点がいくつかあります。まず大切なことは、直近の仕事を詳しく書くことです。採用する企業にとっては、それが一番注目する点になります。直近の仕事が、採用する企業での仕事と同じか似ていれば、即戦力して働いてもらうことができます。履歴書の職歴の欄は限られたスペースですが、そこに今やっている仕事について詳しく書きましょう。会社の規模や具体的な仕事の内容を簡潔に分かりやすく書きます。職務経歴書もあるので、書き過ぎなくても良いのですが、できるだけくわしく書いた方が良いでしょう。
学歴に関しては大学以前のことは、簡略して書くようにしましょう。大学以前のことは実際の仕事とあまり関係がありません。大学は自分が専攻した学科まで書くことが大切です。
履歴書には志望動機の欄があります。ここが一番大切な部分で、説得力のあることを書かなければなりません。もし可能だったら、自分がこれまでした仕事の経験や知識を、新しい職場で生かしたいことを書くようにしましょう。それを書いておけば、採用する会社の担当者は、入社したら現場ですぐに働いてくれる人材であると判断するので、採用の時に有利になります。
志望動機の欄は、職歴とも関係があります。職歴に書いた直近の仕事と、志望動機のこれまでの仕事の経験や知識が一致すれば、使える人材と評価されます。志望動機の欄と職歴の欄はできるだけ関連付けて書くことが必要です。
履歴書を書くときは、基本的なことも大切です。誤字脱字をしないように細心の注意を払いましょう。もし誤字や脱字があったら、修正液を使わないで、最初から書き直しましょう。履歴書は手書きの方が良い印象を与えます。

続きを読む