今は様々な求人サイトがあり、年代別や職種別などターゲットを絞った求人を紹介しているサイトも多いようです。求人サイトにはメリットとデメリットもあるので、慎重に選ぶことが大事です。当サイトは求人サイトの現状をお伝えします。

求人を探している人たちのイラスト

2016年12月の記事一覧

シニア向きの深夜に働く求人

深夜の仕事は肉体的な負担が大きくなりますが、報酬が高いメリットがあります。シニアの方だったら、できるだけ負担の少ない求人を探した方が良いでしょう。負担の少ない求人の例としては、軽作業があります。軽作業の中にもいくつか種類があり、商品のピッキングなどは肉体的な負担が大きくなることがあるので、検品のようなすわってできる仕事を選びましょう。検品は商品の状態をチェックするものなので、肉体的な負担は大きくありません。ただし、深夜の場合は眠気との戦いの要素があるので、夜間働けるように体を慣らしておく必要があります。働き始めてしばらくの間は大変ですが、慣れてきたら夜の間も眠らないで働けるようになります。
シニア向けの深夜の求人の他の例としては、警備の仕事があります。警備の仕事は、企業や商業施設などの深夜の見回りです。検品の仕事にくらべて肉体的な負担が大きくなりますが、報酬は高いです。日給制のところが多くて、1万円前後です。このタイプの仕事は都市部で多く見つかります。年齢制限が緩やかな場合が多くて、60代の方でも働けることがあります。ただし、健康であることは重要で、病気持ちの方は避けた方が良いでしょう。そうでなかったら、働ける可能性があります。警備のために建物の中を歩き回りますが、筋肉を使う仕事ではありません。眠気に耐えられるようになれば、普通に働けるようになります。
他の深夜の仕事としては、コンビニエンスストアーやファミリーレストランで働くものがあります。これらの仕事は、お客さんがあまり来なかったら働きやすいです。土日や祝日前はお客さんが増えて、忙しいこともあります。この2つの仕事は日本各地で募集されていますが、年齢制限があることもあります。

続きを読む