今は様々な求人サイトがあり、年代別や職種別などターゲットを絞った求人を紹介しているサイトも多いようです。求人サイトにはメリットとデメリットもあるので、慎重に選ぶことが大事です。当サイトは求人サイトの現状をお伝えします。

求人を探している人たちのイラスト

2016年11月の記事一覧

就活の際の求人の応募資格で重要になる学歴について

就活とは、就職活動の略で文字通り「仕事に就く為の活動」のこと。
卒業を控えた新卒の人の仕事探しで就活とよく言われますが、今はフリーターやニートの人が仕事を探し始めても就活です。
今の職場に不満があったり、やりがいや人間関係などの様々な理由で新たな職場を探すときは転職活動と言います。

求人は、企業が新たな人員を確保するために「うちで働いてくれませんか?」と言う「人を求める」ことです。
求人が出る頻度が多い企業ほど従業員の定着率が低く、滅多にそれこそ新卒用の就活サイトでしか求人を見ないような企業ほど定着率が高い(=職場環境がいい)と言えます。
求人に書かれている条件と、実際に働く環境が異なってしまうとトラブルになるため、求人に応募して採用された際には労働契約書と求人内容に相違がないかを確認します。

求人の応募資格でよく見かける学歴というのは、「どんな学校でどんなことを学んで卒業したか」が基本です。
中退したことを履歴書に書くこともありますが、企業目線では基本的に中退したものは学歴とは見られず、中退するより前に最後に卒業した学校を最終学歴として見ます。
学歴で応募資格を分けるのには、仕事において指定された学歴相当の教養が必要という基準点の場合や、学芸員等の必ずその学歴がないと資格が持てない場合などがあります。
教養や知識での基準でしかないのであれば、実際にその学歴がなくても「4年生大学卒業相当の学力」で求人に応募することができることもあります。
地方公務員(高卒程度)や、国家一般公務員(2年生大学卒業程度)がこれに当たります。
また、民間企業においても学歴は不問として筆記試験を実施する企業がこの形に近い方法で採用を行っています。

続きを読む

求人に応募するために書類の書き方の講座を受講しよう

求人に応募する時には、自分の履歴を記した履歴書を送付するのが一般的です。
短時間勤務のアルバイトであっても、会社の一員としてお客様と接するので、採用側が履歴書などの書類によって信頼ができる人間かどうかを確認しています。
履歴書といった書類の正しい書き方は、意外に知らない方が多く、実は間違った記述をしていた事例がよくあります。
応募するための書類の書き方を教えてくれる講座を受講して、他の応募者と差をつけてみましょう。
日本の就職活動は、履歴書による書類審査と、採用担当者による面接がセットになっているので、第一関門である書類審査を突破しなければ、面接にすらたどり着けません。
アルバイトの求人では、それほど大きな責任を負わせないので、履歴書持参の面接というケースが中心です。
しかし、会社の正式な構成員として様々な機密情報にも関わる正社員の採用となると、まず書類審査で応募者を厳選します。
社会では、間違った書き方をしていてもわざわざ指摘することがなく、ただ不採用になってしまうだけなので注意しましょう。
自分自身で意識して、ビジネスマナーの講座を受講することが、より良い求人に採用されるための第一歩です。
講座においては、担当講師が責任をもって一から教えてくれるから、はじめてアルバイトに応募する学生でも問題ありません。
履歴書の書き方の講座は、ハローワークなどの就職支援や、派遣会社の登録者向け講座として受講できます。
参考書では読むだけですが、教えてくれる講師がいれば、疑問点ができた時に任意に質問することでより理解を深められて、密度の濃い時間を過ごせます。
実用的な関連知識を含めて学べるから、受講するだけで一回り大きな人間になれるのが主なメリットです。

続きを読む