今は様々な求人サイトがあり、年代別や職種別などターゲットを絞った求人を紹介しているサイトも多いようです。求人サイトにはメリットとデメリットもあるので、慎重に選ぶことが大事です。当サイトは求人サイトの現状をお伝えします。

求人を探している人たちのイラスト

就活の際の求人の応募資格で重要になる学歴について

就活とは、就職活動の略で文字通り「仕事に就く為の活動」のこと。
卒業を控えた新卒の人の仕事探しで就活とよく言われますが、今はフリーターやニートの人が仕事を探し始めても就活です。
今の職場に不満があったり、やりがいや人間関係などの様々な理由で新たな職場を探すときは転職活動と言います。

求人は、企業が新たな人員を確保するために「うちで働いてくれませんか?」と言う「人を求める」ことです。
求人が出る頻度が多い企業ほど従業員の定着率が低く、滅多にそれこそ新卒用の就活サイトでしか求人を見ないような企業ほど定着率が高い(=職場環境がいい)と言えます。
求人に書かれている条件と、実際に働く環境が異なってしまうとトラブルになるため、求人に応募して採用された際には労働契約書と求人内容に相違がないかを確認します。

求人の応募資格でよく見かける学歴というのは、「どんな学校でどんなことを学んで卒業したか」が基本です。
中退したことを履歴書に書くこともありますが、企業目線では基本的に中退したものは学歴とは見られず、中退するより前に最後に卒業した学校を最終学歴として見ます。
学歴で応募資格を分けるのには、仕事において指定された学歴相当の教養が必要という基準点の場合や、学芸員等の必ずその学歴がないと資格が持てない場合などがあります。
教養や知識での基準でしかないのであれば、実際にその学歴がなくても「4年生大学卒業相当の学力」で求人に応募することができることもあります。
地方公務員(高卒程度)や、国家一般公務員(2年生大学卒業程度)がこれに当たります。
また、民間企業においても学歴は不問として筆記試験を実施する企業がこの形に近い方法で採用を行っています。